2006年11月17日

MBTIテスト

ユングのタイプ論を元に人間の性格を16に分類したMBTIテストは、昔、どこかのページでやったときはINTPだったような気がするけど、socioarcでやり直してみたらINTJだった。

Introverted(78%) - Intuitive(62%) - Thinking(38%) - Judging(33%)

INTJ(戦略家/合理主義者系)について

適職(参考): 科学者、エンジニア、教授、教師、医者、歯医者、経営企画職、弁護士、プログラマ、システムエンジニア、作家、発明家、CFO、建築家

一応、適職ということになるらしい。TとFでは、圧倒的にTかなと思っていたけど、Tが38%ということはそんなにTに偏ってるわけでもないのかな。

モヒカン族の用語では、モヒカン族とムラ社会という対立概念があるけれど、これはMBTIの用語で言えば思考型(T)と情緒型(F)の対立ということになるだろう。その意味で、決断のくだし方が違う相手とうまく付き合うにはは参考になる。

悪くすると、T(思考)型はF(情緒)型をいいかげんだと思い、F型はT型を冷たいと感じる。

だが、うまくいけば、T型はどんな状況でも客観的な決断をくだし、F型はその決断の影響を受ける人がそれをどう受けとめるかに気を配る。

ただ、内輪の問題になると、T型とF型はすれ違い、マイナス感情を持ちがちで、問題は解決せず、双方に不満が残ることがきわめて多い。

続いて、典型的なT型とF型の痴話喧嘩の例が書かれ、問題解決の方法が提案されている。そういえば、うちでは私がTで妻がFだと思うのだけど、F型の妻がT型の私をいい加減だと思っている。これは通常の逆だ。実際、私にはいい加減なところがかなりあるので、そのためにT型の割合が小さいのかもしれない。

なお、日本MBTI協会では、MBTIは個人をタイプに分類したり、性格を診断したりすることが目的ではなく、またホームページで気楽に回答するようなテストは信憑性が低いとしている。あくまでも、参考程度に止めておいた方がいいだろう。

追記: MBTI関係の本を読んだりしながら検討した結果、やはり自分はINTPだという結論に達した。

ちなみに、エニアグラムだとばりばりのタイプ5になる。

posted by Seki at 02:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1740032

この記事へのトラックバック