2006年12月29日

Excelでデータの間引き

「Excel 間引き」とか「csv 間引き」で検索すると、専用のツールが色々ある。ここでは、ツールを使わずに手軽に間引きをする方法を紹介する。

  1. 「フィルタ」という名前の列を作成する。6個ずつ間引きしたい場合には、a,b,c,d,e,fと6個のアルファベットを入力する。間引きする間隔の個数分だけの記号を入力すれば良い。 間引き説明図
  2. a〜fを選択して、そのまま一番下までコピーすると、フィルタの列にはa,b,c,d,e,f,a,b,c,d,e,f...と繰り返しデータが入ることになる。オートフィル機能を利用して、a〜fを選択した時点で、選択範囲の長方形の右下にカーソルをあわせ、カーソルが十字になったところでダブルクリックをすれば良い。
  3. 「データ」「フィルタ」「オートフィルタ」にて、オートフィルタを設定して、フィルタの横にあらわれるプルダウンメニューをクリックすると、a,b,c,d,e,fから選ぶことができる。 間引き説明図2
  4. eのデータを採用するのであれば、フィルタから「e」を選択する。
  5. これで、画面上には「フィルタ」列が「e」のデータ、すなわち6個おきに間引きされたデータが表示される。
  6. この状態でグラフを書けば、間引きしたデータによるグラフを書くことができる。また、他のワークシートにコピーペーストすれば、間引きされたデータのみのワークシートを作成できる。
posted by Seki at 17:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/2869342

この記事へのトラックバック