2013年02月03日

Twitterからのメール

緊急速報: Twitterのパスワードを今すぐ変えなさいの件で、Twitterから来たメール。言語設定をフランス語にしているので、フランス語。一文だけ英語が残っている。


Date: Sat, 2 Feb 2013 00:57:50 +0000
From: Twitter <n-frxv=tlnsha.wc-1fce1@postmaster.twitter.com>
Reply-To: noreply@postmaster.twitter.com
To: ...
Message-Id: <510c648eb7744_b7d88ddda945785b@3286054004.twitter.com.tmail>
Subject: Twitter a réinitialisé le mot de passe de votre compte, @seki

Bonjour, seki

Twitter pense que votre compte a été compromis par un site ou un service non affilié à Twitter. Nous avons réinitialisé votre mot de passe pour empêcher les autres d'accéder à votre compte.

Il vous faudra créer un nouveau mot de passe pour votre compte Twitter. Utilisez ce lien pour choisir un nouveau mot de passe :
https://twitter.com/pw_rst/e/3842711/...

Comme toujours, vous pouvez également demander un nouveau mot de passe depuis notre page prévue à cet effet : https://twitter.com/account/resend_password

Merci de ne pas réutiliser votre ancien mot de passe et prenez garde à choisir un mot de passe complexe (en utilisant par exemple une combinaison de lettres, chiffres et symboles).

De manière générale, assurez-vous de :


  • Always check that your browser's address bar is on a https://twitter.com website before entering your password. Phishing sites often look just like Twitter, so check the URL before entering your login information!

  • Évitez d'utiliser des sites ou des services qui vous promettent de nombreux abonnés. Ces sites sont connus pour envoyer du spam depuis votre compte et nuisent au service en général.

  • Passez en revue vos connexions approuvées depuis votre page Applications sur https://twitter.com/settings/applications. Si vous voyez une application que vous ne connaissez pas, cliquez sur le bouton Révoquer l'Accès.



Pour plus d'informations, visitez notre page d'assistance pour les comptes piratés ou compromis.

L'Équipe Twitter

Merci de ne pas répondre à ce message ; il a été envoyé à partir d'une boîte automatisée. Ce message est un e-mail de service lié à votre utilisation de Twitter. Pour plus de renseignements ou pour demander de l'aide pour votre compte Twitter, veuillez vous rendre visite sur Assistance Twitter.

posted by Seki at 17:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年10月05日

謎のメール

まったく身に覚えがないけど、なんだこれ。

To: seki@xxx.xxx
Subject: Payment Alert(Hope For Children Support Funds)
From: Hope4Children Foundation <engr.williamslaurencegroupcoltd@gmail.com>
Reply-To: ag.craigmuller1chambers@hotmail.com
Date: Tue, 05 Oct 2010 06:49:19 -0700

Tues, 5th, Oct 2010.

Pleasant day,

Greetings to you and how are you doing today, I have contacted you earlier before in regards to a payment that has been scheduled to you but you didn't get back to me, so maybe you did not get my previous mail so i am sending you a reminder e-mail and hope this one comes through to your email.

On this note, I will like to re-inform you that a payment has been processed,scheduled and ready to be paid out into your Australian bank account from our client , and if you are wondering what the payment is all about, let me brief you more regarding this payment that has been scheduled to your bank account, the funds and payment are meant for building a Charity homes and to support Child's education,Human Aids and once this payment has been received by you, you are to get in contact with our Attorney General for further proceedings and instructions, meanwhile, you are to contact our AG once you receive this e-mail for further verifications and confirmations, don't hesitate to get back to me and ask me whatever question you want to ask and i will be very grateful to give answers to the best of my knowledge to your questions.

Note : This is more like a Voluntary mission and you are not expected to pay any money or any fees, all you do is receive the funds in your preferred Australian bank account,deduct an assistant fee/commission of about 11% from the amount received and have the rest balance wired via a Money Transfer system or as directed by the Attorney General.

Thanks in Anticipation,

Waiting for your swift response and help save a soul.

Kind Regards,

Engineer Williams Laurence.
CEO/GM of Chidon Investman Ltd,
United Children's Fundraising, U.K
Hope4Children Foundation Project.
2010, Copyrights.
posted by Seki at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年07月04日

本質

父来たる2009

物事の本質を見ている人の言葉には力があるな。最後のところが特になるほどと思った。

愉快ということについて

  • まだはっきりと言葉にはできないが、最近は「愉快」ということについて考えている。
  • 癌で入院したとき、病室の窓から、最初は短かった田んぼの苗がだんだん伸びてくるのを見て、「ああ、なーんだ」と思った。俺が死んでも稲は育つし電車は走るし、それだけのことなのだ。
  • どうせいずれ死ぬのだから、くよくよ考えるよりも愉快に生きた方がなんぼかいい。わざわざ死ぬことを考える必要はない。
  • ところが、物事の本質を考えていると、どんどん不愉快になる。なぜなら世の中、本質から外れていることばかりだからだ。
  • そのために必要なのが「気にしない」ということだ。
  • 愉快に生きるということにはある種の覚悟が要る。
  • 「愉快に生きる」「本質」「気にしない」この三つが、まあ、父の哲学だな。

思い出すのは、私の亡き父がホームページのトップに貼っていた東北地方のある高僧の教えのページ。これも、本質は同じ事。色々考えてこういう結論になる人もいれば、考えるまでもなくそういう結論になる人もいるんだろうな。

posted by Seki at 01:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年05月27日

東洋大学東都大学野球リーグ戦優勝

東洋大学ホームページより

硬式野球部 東都大学野球リーグ戦14度目の優勝!!

本学硬式野球部は平成21年度東都大学野球春季リーグ戦の優勝をかけて、5月27日に行われた亜細亜大学との試合に3対2で勝利し、通算14度目の優勝、戦後としては初となる2007年春季リーグからの5連覇を達成した。本学は1回に小島脩平(経営学科4年)が四球、1アウトから坂井貴文(経営学科3年)のタイムリー3ベースで1点取ると、さらに林崎遼(経営学科3年)のタイムリーで1点を追加し2点を先制。5回、6回には亜細亜大学に2点を許し、同点となる苦しい試合展開となるが、7回に雑賀健(経営学科4年)が決勝点となるソロホームランを放ち1点を加えると、最後は内山拓哉投手(経営学科2年)がしっかりと抑え勝利した。

駅伝、アイスホッケーに続いての快挙。めでたい!

posted by Seki at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年05月18日

ホームページ作成教室

「ブログの更新がないけど、生きているのか?」というメッセージが来たので、たまには更新します。(^^;

今年から、ホームページ作成の授業を担当することになり、ようやく全体の形が見えて来た。とりあえず、最初はとほほのWWW入門ホームページ入門に沿って進めているのだけど、来年からはWeb for beginner ホームページ作成支援を使ってはじめから教える方がいいのかどうか…。まあ、色々と試しながら考えていくことにしよう。

冬学期はネットワークと情報セキュリティを教えることになっていて、知識として教えるだけならばいいけど、これを「実習で作業させる」というのは環境づくりが大変そうだな…と思っている今日この頃。なぜか、シラバスだけはできていて、この内容の授業をするのは私がはじめてという不思議な状態です。

というわけで、ごくごくたまに更新しますが、どうぞご心配なさらずに。

posted by Seki at 02:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年08月15日

ペーパーレスFAX

NECのSpeax SP-NA540を購入し、ペーパーレスで運用することにした。最新型のSP-NA640との違いは、カラースキャナがついていない、ということ。カラースキャナは必要ないので型落ちの安い方にした。

受信したFAXを、メールにPDF添付ファイルで転送するように設定した。これで、FAXをプリントする必要がないので、ペーパーレス運用できる。印刷する必要があれば、パソコンで印刷すればいい。

続きを読む
posted by Seki at 17:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年07月05日

FolderShare

P2Pを利用したフォルダ共有ソフトFolderShareを使い始めた。職場と家のパソコン(Mac)のデータを同期してバックアップとして使うのにとても便利。ただ、同期できるファイル数が10000まで、フォルダが10までという制限が不便だ。これと同等の機能を持って、そういった制限がないMac対応のソフトはないものか。

ssh + rsync の方が便利だけど、FolderShare の場合にはルーターに穴をあけて ssh ポートを解放したりする必要がないので、気楽に使える。ただ、セキュリティ的には不安もあるので、Web download はオフにしておいた。必要な時にオンにすればいいわけだし。だからセキュリティーが向上するかというと疑問なので、気休めだけど。

posted by Seki at 01:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年07月03日

Gmailでメールアドレス別に差出人を設定する

Gmailで全てのメールアカウントを管理する方法を読んで、設定してみた。たしかに、これは便利だ。

せっかくメールアドレス別にFromを設定できるのだから、署名もメールアドレス別に設定できるともっと便利なのに。

posted by Seki at 08:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年06月26日

資料請求ページ

アクセス解析から導き出す資料請求を増やす方法を読んで思うのだけど、顧客にわざわざ資料請求をさせるくらいならば、その資料を全部Webに置けばいい。基本的に私だったら資料請求なんてかったるいからしないわけだし。資料請求をしたら営業がやってくる、というのだったらなおさらうっとうしいから資料請求しようとは思わない。

個人情報の取扱いに敏感になっている昨今、購入するか決めていない商品の資料請求をするために個人情報を打ち込む人が、どれだけいることか。商品購入を決定している人であれば、注文フォームがあればそれで十分。

もちろん、それでも印刷されたきれいな資料がほしくて資料を請求する人はいるだろうから、資料請求ページを用意すること自体は無駄ではないかもしれないけど、顧客に資料請求させることを目的にWebを構築するってのは、なにか違う様に感じる。

そもそも、資料請求していない人は全員目的の商品を購入していない、という前提でWebの宣伝効果を解析しているとしたら、それもおかしな話ではなかろうか。資料請求をしていない人の中で、Webの説明を読んで購入を決定した、あるいは興味を持って店舗に行って、最終的に購入を決定した、という人はいるはずなのに、資料請求がないとWebの効果はないことになるのだろうか。

要は、Webは資料を請求させるためのものではなくて、Web上で資料を提供するものだということ。結局は、どれだけ分かりやすく魅力的に商品の説明をするか、ということでないかな。

posted by Seki at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年06月20日

携帯からのサイトアクセス認証

自分だけが見たいサイトを、携帯端末情報に基づいてアクセス認証する方法について調べてみた。PCからのアクセスであれば、BASIC認証を使うかホスト認証を使えばいい。たとえば、.htaccessファイル

Order deny,allow
Deny from all
Allow from my.host.example.com

こんな感じに記述すると、my.host.example.com からのアクセスだけが許可される。自分の携帯電話からもアクセスしたい場合には、これに自分の携帯電話からのアクセス許可を加える。ドコモやソフトバンクの場合は、User-Agentの中に端末情報があるらしい。したがって、User-Agentを元に認証すれば良いだろう。ただ、ドコモの場合には端末情報を送るかどうかの確認が求められるとのこと。

私の場合はauを使っているのでauについて詳しく調べたところ、auの場合にはユーザーエージェントには端末固有の情報はなく、HTTP_X_UP_SUBNOなる環境変数にサブスクライバIDが格納されているとのこと。そこで、この変数を使って上記のホスト認証にサブスクライバID「 050***********_##.ezweb.ne.jp」からのアクセス許可を加えるためには、

SetEnvIf X-UP-SUBNO "050***********_##\.ezweb\.ne\.jp" mymobile
Order deny,allow
Deny from all
Allow from my.host.example.com
Allow from env=mymobile
と記述する。

厳密には、PCからHTTP_X_UP_SUBNOという環境変数を送信される可能性を考えると、ホスト認証との両方(ホスト .ezweb.ne.jp かつサブスクライバIDが一致)によって許可を与える必要があるのかもしれない。

posted by Seki at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年06月03日

麻疹(はしか)予防接種

子供の頃にはしかの予防接種を1度受けたことがあるけれど、2回受けた方がいいという話もあり、受けに行った。

以前行ったことのある大手町の日本検疫衛生協会東京診療所にて。税込み6500円。

年月日 ワクチンの種類
2007年6月2日 麻しん ビケン M2101 0.5 ml
posted by Seki at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年05月19日

2つの封筒問題

2つの封筒があり、それぞれにお金が入ってます。片方の封筒に入っている金額が、もう片方の封筒に入っている金額の2倍となっていることが分かっています。あなたは、最初にどちらか片方の封筒を選び、中身を見る事ができます。その後、改めてどちらの封筒を選ぶか決めることができます。二度目に選んだ封筒の中身をもらうことができます。

封筒Aの金額をx円(ただしxは偶数)とすると、封筒Bに2x円入っている確率は1/2、封筒Bにx/2円入っている確率は1/2なので、封筒Bに入っている金額の期待値は 1/2*2x + 1/2*(x/2) = 1.25x 円となり、封筒Aの金額x円よりも 0.25x円ほど期待値が高くなります。したがって、封筒を交換する方が得になります。封筒Aの金額が奇数であれば、必ず封筒Bの方が金額が高く、これもまた封筒を交換する方が得をしますから、結局、封筒Aの中身がいくらであっても、必ず封筒Bに交換する方が得をします。ということは、封筒Aの中身を見るまでもなく、封筒Bに交換する方が得をする、ということになります。

封筒Aを手に取った時点で、封筒Bに交換する方が得をするために、封筒Bを取りますが、ここで封筒を交換しても良いと言われると、今度は同じ議論で封筒Aに交換する方が得をします。このように繰り返すと、封筒を無限に交換し続けることになります。

有名な2つの封筒問題ですが、いろいろ調べてみると面白いのでまとめページ構築をはじめました。

posted by Seki at 01:13| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

2007年03月28日

SuperDuper!とrdiff-backupの併用

Mac Backup Software Harmfulの161より

I want both cloning and incremental backups (in my view, the later is absolutely necessary, and it’s saved my bacon many times over the years). rdiff-backup is very good at making incrementals, but it doesn’t support metadata, breaks over SMB, etc. So my solution is:

I make an image using SuperDuper. Then, I make incrementals on that image using rdiff-backup. Presto, best of both worlds.

つまり、SuperDuper!でイメージを作って、イメージの差分をrdiff-backupで作るとのこと。その手があったか。

posted by Seki at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年03月09日

ギャモンソフト BGBlitz 日本語対応

バックギャモンソフトBGBlitzのバージョン2.2.1がリリースされて、日本語に対応した。BGBlitzの使い方参照。

posted by Seki at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年02月17日

orkutophotos.com

Orkutphotos.comなるアルバムサービスができたようだ。ドメインがドメインだけに、あのorkutと関係あるのだろうか。それとも、実はまったく関係ないのだろうか。Flickrみたいなものだと思うけど、容量が1GBあるところは便利かもしれない。期限付きで登録自由とのこと。とりあえずアカウントを作ってみた。以下、サイトの説明から。

  • 容量1GB
  • メールからもアップロードできる
  • サムネールが自動的に作成される
  • 写真の回転、拡大、縮小ができる
  • 写真の説明をつけることができる
  • 閲覧者がコメントをつけることができる
  • 写真を誰に見せるか、細かく共有設定ができる
posted by Seki at 04:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年02月07日

16ポートHub名人

Hub名人…いや、名人はハブじゃなくて…。
posted by Seki at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年01月07日

QUIZEST制覇

クイズホテル「QUIZEST」という、頭の体操サイトに1ヶ月ほど前からチャレンジしていたが、ついに全問制覇できた。いわゆるトンチやシャレで答えるような問題はなく、純粋に頭の体操として解ける問題が揃っている。ROOM-Aの正解者は、1ヶ月前は1636人だったのが1890人になっている。そして、全問制覇したROOM-Zの正解者は、1ヶ月前は5人だったのが9人となった。

このサイトでは、AからZまで全部で26問の問題が出題されているが、大きく序盤、中盤、終盤に分けることができると思う。

  • 序盤(A-E): 肩ならしの問題。サイト開設者のAtsukiさんが、こういったパズルになじみのない人にも楽しんでもらえるようにと設置したサービス問題。序盤の卒業試験として、ROOM-Eは面白いと思う。
  • 中盤(F-P): 図形分割問題の3点セットと、三角形作成問題の3点セットからはじまる。特に、三角形作成問題はなかなか難しく、面白い。では、図形分割問題は難しくないのかというと…(これ以上はネタばれなので自粛)。
  • 終盤(Q-Z): VIPルームとして特別扱いの終盤は、どれも良問ぞろい。私が勝手に選んだベスト3は、Z,X,Tの順番で、どれもこの終盤の問題。序盤、中盤に物足りなさを感じるような強者でも、楽しむことができる問題がそろっている。

頭の体操パズルが好きな人は、ぜひチャレンジしてみてください。とはいっても、あまりチャレンジする人が増えてこのサイトの管理人の作業量がパンクしてしまってもどうかなと思ったりもするのですが、それは余計な心配ということで…(^^;

posted by Seki at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

ハサミ型シュレッダー

ハサミ型シュレッダー9連刃を、銀座ITO-YAにて衝動買い。

posted by Seki at 19:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年12月29日

Excelでデータの間引き

「Excel 間引き」とか「csv 間引き」で検索すると、専用のツールが色々ある。ここでは、ツールを使わずに手軽に間引きをする方法を紹介する。

  1. 「フィルタ」という名前の列を作成する。6個ずつ間引きしたい場合には、a,b,c,d,e,fと6個のアルファベットを入力する。間引きする間隔の個数分だけの記号を入力すれば良い。 間引き説明図
  2. a〜fを選択して、そのまま一番下までコピーすると、フィルタの列にはa,b,c,d,e,f,a,b,c,d,e,f...と繰り返しデータが入ることになる。オートフィル機能を利用して、a〜fを選択した時点で、選択範囲の長方形の右下にカーソルをあわせ、カーソルが十字になったところでダブルクリックをすれば良い。
  3. 「データ」「フィルタ」「オートフィルタ」にて、オートフィルタを設定して、フィルタの横にあらわれるプルダウンメニューをクリックすると、a,b,c,d,e,fから選ぶことができる。 間引き説明図2
  4. eのデータを採用するのであれば、フィルタから「e」を選択する。
  5. これで、画面上には「フィルタ」列が「e」のデータ、すなわち6個おきに間引きされたデータが表示される。
  6. この状態でグラフを書けば、間引きしたデータによるグラフを書くことができる。また、他のワークシートにコピーペーストすれば、間引きされたデータのみのワークシートを作成できる。
posted by Seki at 17:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年12月26日

土壌の物理性

アクセプト。

posted by Seki at 16:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記